大阪セパタクロー協会より3名のU20日本代表選手ならびに1名のU23日本代表選手が選出されました!

What’s SEPAK TAKRAW

NO IMAGE

概要

セパタクローの「セパ」はマレー語で「蹴る」、「タクロー」はタイ語で「(籐で編んだ)ボール」と云う意味で、セパタクローは2つの言葉の合成語であり、言葉が示すように、ネットをはさんで足や腿または頭を使ってボールを相手コートに返しあう競技でバレーボールに似たゲームである。

ルール

バドミントンと同じ広さのコートと同じ高さ(女子は10cm低い)のネットが使われる。

3人が1組となり、ネットをはさんで2組が勝敗を競い合います。ルールはバレーボールに似ていますが、大きな違いは次の4点。

ゲームはクオーターサークルにいる選手がセンターサークルにいる選手にボールをトスし、その球を蹴って相手のコートに入れることから始まり、ボールが自分のコートにきたら3回以内でボールをリフトして相手のコートに返す。

フォルト

攻撃側、防御側ともにフォルトした時は相手の得点となる。主なフォルトは、次のとおり。

  1. センターラインを越えて相手の体の一部分に触れたとき
  2. オーバーネットしてボールをタッチしたとき
  3. 連続して4回以上ボールにタッチしたとき
  4. ボールが手や腕に触れたとき

得点

次のときに得点1点が与えられる。

  1. サーブしたボールを相手レグが取れなかったとき
  2. アタックしたボールを相手レグが取れなかったとき
  3. 相手レグがフォルトしたとき

勝敗

ゲームは、1セット21点のラリーポイント制(デュースの場合は最大25点まで)で、2セットを先取したレグが勝ちとなる。

第1・第2セットを1セットずつ取った時は、第3セットを行い、21点を先取した(デュースの場合は最大で25点)レグが勝ちとなる。